漫画「ザファブル」全巻無料のアプリはどれ?無料読み放題できるサイトを調査!

漫画「ザ・ファブル」を全巻無料のアプリはどれか調査!

無料読み放題できるサイトや漫画バンク・rawダウンロードでの配信状況もまとめました。

こんな悩みを3分で解決!

  • 「ザ・ファブル」を1話から全巻最安値で読みたい!
  • 無料で読めるサイト・アプリの一覧が知りたい
  • 違法サイトで無料ダウンロードできる?

漫画「ザ・ファブル」を最新巻まで全巻読みたい方へ無料の配信状況をお届けします。

電子書籍サイト・アプリ、漫画バンク・rawなど海賊版違法サイトで調査しました!

漫画「ザ・ファブル」を漫画バンク・漫画タウン・エフベイなどの違法サイトで読んだり、zip・raw・pdfでダウンロードして全巻無料で読むことはできるのでしょうか?

▼主な違法ダウンロードサイト▼

  • 漫画バンク
  • Fbay(エフベイ)
  • manga raw

調査したところ現在違法サイトで「ザ・ファブル」を全巻無料で読むことはできませんでした。

またもし読むことができても海賊版・違法サイトで読むことはおすすめできません。

違法ダウンロードの危険
  • 漫画を違法にアップロードされたと知りながらダウンロードする行為も違法
  • 刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる恐れあり
政府公式サイトでも違法ダウンロードで著作権侵害をすることへの罰則が記載されていたよ。

また違法サイトの利用はスマホやパソコンがウイルスに感染するリスクもあります。

違法ダウンロードという危険な橋を渡らなくてもコミックシーモアで安全にお得に読む方法があったのでそちらをご利用ください。

1〜3巻無料+70%OFF
ザファブル

コミックシーモア公式サイト>>

※試し読みは登録・クレカ不要です

↑目次へ戻る

漫画「ザ・ファブル」を全巻無料で読めるサイト・アプリはある?

漫画「ザ・ファブル」を全巻無料で読めるサイト・アプリはあるのか調査し一覧表でまとめました!

漫画「ザ・ファブル」を配信中のサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
コミックシーモア 全巻
✔1番お得
\1〜3巻無料/
無料で試し読み
※登録クレカ不要
まんが王国 全巻 \最大50%還元/
無料で試し読み
ebookjapan 全巻 \クーポンで半額/
無料で試し読み
booklive 全巻 \クーポンで半額/
無料で試し読み
「ザ・ファブル」はコミックシーモア、ebookjapan、まんが王国、BookLiveで配信中です。

全巻無料で読む方法は残念ながらありません。

でもコミックシーモアなら「ザ・ファブル」を全巻一番お得に読めることが分かりました!

コミックシーモアがお得な理由
  • 「ザ・ファブル」を1〜3巻無料で読める
  • 好きな巻がクーポンで1巻70%OFFで読める
  • 「ザ・ファブル」を全巻配信中
会員登録 無料
月会費 無料
初回特典 漫画1巻分の70%OFFクーポン
無料配信数 15,494冊以上

登録なしで今すぐタダで読める漫画の配信数は国内最大だよ♪

 コミックシーモアなら3巻無料+初回無料登録時にもらえるクーポンで1巻70%OFFで読むことが可能です。

この超お得過ぎるキャンペーンはいつなくなるか分かりません。

全巻お得に読みたい方はキャンペーン実施中のこのチャンスを見逃さないでくださいね。

1〜3巻無料+70%OFF
ザファブル

コミックシーモア公式サイト>>

※試し読みは登録・クレカ不要です

↑目次へ戻る

漫画「ザ・ファブル」を全巻無料で試し読みできるアプリ一覧

「ザ・ファブル」を全巻無料で試し読みできるアプリを一覧にしました。

漫画を読む際にまず「試し読み」をしたいという方はこちらを参考にしてください。

漫画アプリ 試し読みの配信状況
コミックシーモア
ebookjapan
まんが王国
BookLive

全巻試し読みができるのはコミックシーモア・ebookjapan・BookLive・まんが王国の4つのサービスでした!

まず漫画の内容を全巻試し読みしたい方はお好きなサービスでお楽しみください!

今すぐ無料で試し読み
※登録・クレカは不要です

↑目次へ戻る

漫画「ザ・ファブル」のあらすじ

1巻あらすじ

「ナニワトモアレ」の南勝久が描く、超一流の殺し屋「ファブル」が人を殺さず、一般社会で普通の人として生活しようとするが、元殺し屋であることから、様々な事件に巻き込まれてしまう騒動を面白おかしく、時にはシリアスに描く物語。
超一流の殺し屋として、その業界では伝説のように語り継がれる「ファブル」。何者なのか一切が謎となっているが、「ファブル」と誰かが呼び出したこの組織に属する殺し屋佐藤明(偽名)が、ボスの命令で、殺し屋稼業を1年休んで、一般社会に属し、普通の人として社会生活を営もうとする話。東京で殺し屋をしていた佐藤明は、殺しのパートナーであった佐藤洋子(偽名)と共に、ボスの命令で、組織と縁のあった大阪にある暴力団「真黒組」の元に身を寄せ、そこで一般人として生活することになる。佐藤は、道で偶然出会ったミサキの紹介で、デザイン企画 有限会社オクトパスで配達員として働きだす。一流の殺し屋だった明は、配達員としての仕事をそつなくこなしていくが、のちに、子供のような純粋な絵を描く才能を買われ、デザイナーとしての仕事も請け負っていくようになる。大阪に来た当初、世話になっている真黒組の若頭(海老原)に訝しがられたりもしたが、真黒組の構成員が起こした事件をきっかけに、佐藤と海老原の間には信頼関係のようなものが生まれていく。殺し屋としては一流の腕を持ちながら、本来は穏やかな性格をしており、無用な殺生を好まない。幼い頃から、殺し屋としての訓練をさせられて育った佐藤にとって、一般人の普通の生活は新鮮で平和で穏やかな生活を満喫していたが、その一方で、殺し屋としての才能は、一般人として過ごすために常に隠すように生活しつつも、日常の様々なところで発揮され、小さな悪事を解決するなどしていたが、元々の殺し屋としての過去や、同じく殺し屋の組織にいた洋子の過去などが、明たちを裏世界に関わらざるを得ない状況にさせ、様々な事件とかかわることになり、それを一般人としての顔を持ち合わせながら、裏で解決させていく。

漫画「ザ・ファブル」を読んだ感想・口コミ

殺し屋が一般人のフリをして普通に過ごすという突拍子もない設定ですが、とても読み応えのある作品です。この漫画の一番の魅力は、とにかく殺し屋ファブルが圧倒的に強いことです。殺し屋同士のバトルは、大迫力でハラハラドキドキし、漫画でよくぞここまで戦いのシーンを表現したなと感心してしまいました。主人公佐藤明がものすごく強いのに、普段は弱いフリをしているギャップが、本当にかっこいいです。想像を超えた強さは、読んでいて気分爽快、スッキリします。次に魅力的なのは、シリアスなストーリー展開の中にもギャグが散りばめられていることです。ストーリーを邪魔しない絶妙なバランスでギャグシーンがあり、緩急がうまいです。特に明の相棒洋子の酔っ払いシリーズが大好きです。テキーラを浴びるほど飲み、酔っ払いながらもナンパ男を潰して、こんな女性本当にいたら怖すぎと思いました。潰し方に情けがなくて、相手の男性に少々同情しますが、さすが洋子、容赦ないと感心してしまいました。そして、最後に伝えたい魅力は、田高田社長の温かさです。殺伐とした殺し屋同士の話が続くのですが、明の勤め先の田高田社長はとにかく人情味あふれる人柄で、物語の癒やしです。洋子が酔っ払って寝てしまったとき、自分も酔っ払ってるのに頑張ってベッドまで運んでいるシーンは、思わず涙してしまいました。家族の温かさを知らない明や洋子が、田高田社長から家族愛を教わったのではないかなと思います。
(30代・男性)

ファブルと呼ばれる一流の殺し屋が、なんの変哲もない日常に溶け込もうとするが、運命なのかトラブルに巻き込まれていく漫画である。主人公のファブルは所謂普通の家庭で育っていないため、偏った考え方をしているが、それが反対に周りの笑いを誘う場面もある。普通の仕事を、と個人のデザイン会社に就職するも、歓迎会で枝豆を皮ごと食べるという行動から、変わり者、面白いやつ、と印象づけられる。また、同居しているファブルの妹という設定の女殺し屋のお酒が絡む話は秀逸。美人であることを逆手に取り、とにかくクズ男をベロベロに酔わせて楽しむと言う変わった趣味をもつ。コメディ要素が散りばめられているが、トラブルに巻き込まれた時のファブルのカッコ良さはたまらない。銃弾を自作したりと、殺し屋のプロを垣間見せる場面もある。ファブルは女性に対する距離感を無意識に上手くとっているので、女性からするとミステリアスな要素がある人間に見えるため、必然的にモテる、という印象を受ける。また、作者の画力が魅力で、アングラ系で出てくるであろう裏社会にいるような人物がリアル。かと思いきや、女性もセクシーに描いており、女性からみても上手いと感じられる。メッセージ性のある漫画ではないが、裏社会では普遍的にありそうな日常を描いているように思える。ファブルのような殺し屋が本当に存在するのであれば、会ってみたい。会ってもきっと気づかないくらい、社会に溶け込んでいるのだろう。
(30代・女性)

このマンガを知ったのは、実写版の映画が公開されてからである。かなり話題になっていたので、知名度は高い作品だとは思うがマンガをまだ読んだことが無かったので、試し読みしてみた。伝説の殺し屋ファブルが、ボスからある司令を受けるところから始まる。
大阪で一年間一人も殺さずに普通の人間もして過ごす、という内容だった。同じ組織の女性ヨウコと兄妹として大阪に送られるのだが、幼少期から殺し屋として育てられたアキラは普通の人間の暮らし方がわからない。最強の殺し屋がチンピラに絡まれて最弱なフリをしたり、弱い風に見せかけてさりげなく相手に怪我をさせてやり返したりと、人並みはずれた身体能力が読んでいて気持ちいい。話がすすんでいくうちに、アキラやヨウコの幼少期の話が出てくるが、壮絶な訓練を受けていることを知ってその強さに納得ができる。基本的にアキラは普段温厚で素直な性格をしていて、戦闘時とのギャップが個人的にすごく好きだ。妹として一緒に大阪にきたヨウコもクセが強くてとてもいいキャラをしている。最初の方は可愛いナビゲーター役の女性キャラという印象だったが、物語が進むにつれてどんどん好きになれる。彼女も格闘の訓練を受けていて、アキラには及ばないがかなりの実力を持っている。男の同業者相手にも勝てる強さは女から見ても惚れる。彼女の一番面白いところは、男を酒に酔わせて楽しむ小悪魔なところだ。男との駆け引き、尋常ではない酒の強さ、料理もできるという個人的には一番好きなキャラである。アキラの強さは読んでいて心地良いし、たくさんの周りの人達と触れ合ってどんどん人間らしくなっていく姿が最高な作品だ。
(30代・女性)

殺し屋なのに、非常に好感の持てる主人公です。仕事としてはスペシャリストなのに、普段の生活はどこか抜けていて天然要素があり、周りのキャラクターも人間味がありみ始めたら癖になる漫画です。秋刀魚を頭からバリバリと骨ごと食べるとか、家では裸族とかツッコミどころが満載で、ヤクザ組員との絡みも微笑ましく思えてきます。いわゆる一般的な生活を送っていなかったので、必要最低限のコミュニケーションしかなかった主人公が、少しずついろんな表情を見せてくれるのが楽しみです。殺しの仕事しかしていなかったけど、普通の生活を送ってみる事で、殺し以外の仕事の楽しさや人との関わりを楽しむようになるのが母性本能が働くというか、見ていてかわいいなと感じました。怖い人が時折り見せる可愛らしい一面、ギャップに心を掴まれます。相棒のヨウコも綺麗で酒豪で、表情豊かな絵なので人間っぽさが溢れ出ていて素敵です。それぞれのキャラクターにストーリーがあって、読み始めるととても深い内容で映画化するのもわかるなと思いました。これまで読んだ中では、ヨウコが鈴木とやり合うシーンが好きで何度も読みました。運転手がメインだったけど、ヨウコの本気が見えて読むのにのめり込みました。これから先も、どこまでの任務なのか分かりませんが、佐藤兄妹で居続けて欲しいなと思っています。まだ全てを読んではいませんが、これから先も最後まで全て読み続けたいと思える作品です。
(30代・女性)
私はクロちゃんに何度も爆笑してしまいました。主人公のアキラに惚れてしまい、ストーカーのようにつけまわるクロちゃんが可愛くて仕方なかったですね。アキラの武勇伝を何度も聴きだして「かっこいい~」と興奮する姿は変態そのものですね(笑)。アキラと山にいって成長したクロちゃんもよかったです。ザ・ファブルセカンドにも登場するので強くなった姿も見たいですね。
(30代・女性)
ヒロインのミサキちゃんも可愛いけど、アキラやミサキちゃんが働く職場の社長「タコちゃん」が最高過ぎました!ミサキちゃんとアキラをくっつけようとあの手、この手をしかけたり、とにかくいい人。ヨウコが亡くなったお父さんの影をタコちゃんに重ねる姿は泣きそうになりました。命をかけて幼いころから戦い続けてきたヨウコにとってタコちゃんの存在は初めての癒しになったのではないでしょうか?
(30代・女性)

漫画「ザ・ファブル」の作品情報

作品情報
作品名 ザ・ファブル
作者 南勝久
出版社/レーベル 講談社/週刊ヤングマガジン
巻数 既刊22巻(完結)
公式サイト 「ヤングマガジン」公式サイト
公式SNS 「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」公式Twitter
Wikipedia 「ザ・ファブル」Wikipedia

↑目次へ戻る

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。