漫画バンクで進撃の巨人を全巻無料で読める?漫画タウンでも見れるのか調査!

進撃の巨人全巻無料

漫画バンクで進撃の巨人を全巻無料で読み放題できるのか徹底調査しました。

無料読み放題できるサイトやkindle・漫画バンク・rawダウンロードでの配信状況もまとめました。

こんな悩みを3分で解決!

  • 「進撃の巨人」を1話から全巻最安値で読みたい!
  • 無料で読めるサイト・アプリの一覧が知りたい
  • 違法サイト漫画バンクで無料ダウンロードできる?

漫画「進撃の巨人」を最新巻まで全巻読みたい方へ無料の配信状況をお届けします。

電子書籍サイト・アプリ、漫画バンク・rawなど海賊版違法サイトで調査しました!

漫画「進撃の巨人」を漫画バンク・漫画タウン・エフベイなどの違法サイトで読んだり、zip・raw・pdfでダウンロードして全巻無料で読むことはできるのでしょうか?

▼主な違法ダウンロードサイト▼

  • 漫画バンク
  • Fbay(エフベイ)
  • manga raw

調査したところ現在違法サイトで「進撃の巨人」を全巻無料で読むことはできませんでした。

またもし読むことができても海賊版・違法サイトで読むことはおすすめできません。

違法ダウンロードの危険
  • 漫画を違法にアップロードされたと知りながらダウンロードする行為も違法
  • 刑事罰として200万円以下の罰金の対象になる恐れあり
政府公式サイトでも違法ダウンロードで著作権侵害をすることへの罰則が記載されていたよ。

また違法サイトの利用はスマホやパソコンがウイルスに感染するリスクもあります。

違法ダウンロードという危険な橋を渡らなくてもコミックシーモアで安全にお得に読む方法があったのでそちらをご利用ください。

1〜3巻無料
進撃の巨人全巻無料
コミックシーモア公式サイト>>

※試し読みは登録・クレカ不要です

↑目次へ戻る

漫画「進撃の巨人」を無料で全巻読めるサイト・アプリはある?

漫画「進撃の巨人」を無料で全巻読めるサイト・アプリはあるのか調査し一覧表でまとめました!

漫画「進撃の巨人」を配信中のサイト・アプリ一覧

サービス名 配信状況 特徴
コミックシーモア 全巻
✔1番お得
\1〜3巻無料/
無料で試し読み
※登録クレカ不要
まんが王国 全巻 \最大50%還元/
無料で試し読み
ebookjapan 全巻 \クーポンで半額/
無料で試し読み
booklive 全巻 \クーポンで半額/
無料で試し読み
「進撃の巨人」はコミックシーモア、ebookjapan、まんが王国、BookLiveで配信中です。

全巻無料で読む方法は残念ながらありません。

でもコミックシーモアなら「進撃の巨人」を全巻一番お得に読めることが分かりました!

コミックシーモアがお得な理由
  • 「進撃の巨人」の1〜3巻が無料で読める
  • 好きな巻がクーポンで1巻70%OFFで読める
  • 「進撃の巨人」を全巻配信中
会員登録 無料
月会費 無料
初回特典 漫画1巻分の70%OFFクーポン
無料配信数 15,494冊以上

登録なしで今すぐタダで読める漫画の配信数は国内最大だよ♪

 コミックシーモアなら1〜3巻無料+初回無料登録時にもらえるクーポンで1巻70%OFFで読むことが可能です。

この超お得過ぎるキャンペーンはいつなくなるか分かりません。

全巻お得に読みたい方はキャンペーン実施中のこのチャンスを見逃さないでくださいね。

1〜3巻無料
進撃の巨人全巻無料
コミックシーモア公式サイト>>

※試し読みは登録・クレカ不要です

↑目次へ戻る

漫画「進撃の巨人」を全巻無料で試し読みできるアプリ一覧

「進撃の巨人」を全巻無料で試し読みできるアプリを一覧にしました。

漫画を読む際にまず「試し読み」をしたいという方はこちらを参考にしてください。

漫画アプリ 試し読みの配信状況
コミックシーモア
ebookjapan
まんが王国
BookLive

全巻試し読みができるのはコミックシーモア、ebookjapan、まんが王国、BookLiveの4つのサービスでした!

まず漫画の内容を試し読みしたい方はこちらで紹介したサービスでお楽しみください!

今すぐ無料で試し読み
※登録・クレカは不要です

↑目次へ戻る

漫画「進撃の巨人」のあらすじ

1巻あらすじ

少年エレン・イェーガーは、シガンシナ区に在住。父のグリシャは医者で、母のカルラと三人家族である。ミカサ・アッカーマンは幼なじみで、イェーガー家に引き取られ身を寄せて一緒に暮らしていた。
このときは突然の「巨人」の出現により、人間は手足をもがれ捕食されてしまう人類滅亡の危機的な時代。人類は巨大な壁「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」という三重の甕城を築いて、それぞれの壁の内側を広大な生活圏とし、巨人からの侵略を防ぎ人類は何とか生き延びていた。エレンは壁の外側にとても強い憧れを抱いている。将来は、壁外調査に出られるという調査兵団に入りたがっていた。だが、壁外調査では団員が命を落とす危険もかなり高く、カルラやミカサはエレンが入団することには反対していた。それでもエレンは壁外の世界への想いを捨てきれず、幼馴染のアルミン・アルレルトと熱く語り合う日々を過ごしていた。
エレンが10歳になった頃「超大型巨人」が突然現れる。いままで巨人を防いでいた壁は越えられシガンシナ区に巨人の群れが侵入。沢山の巨人たちが壁の内側に入り込んで、最初の外側の壁「ウォール・マリア」は放棄、制御不能な状況に。それと同時に二番目の外側の壁「ウォール・ローゼ」まで後退してまい、人類はこれまでより狭い場所での生活を強いられるように。
この時、エレンの母のカルラも巨人の一体に殺されてしまった。悲しみのなかエレンは必ず巨人を倒すことを心に誓い、第104期訓練兵団に入団したのだった。

漫画「進撃の巨人」を読んだ感想・口コミ

進撃の巨人は、人類の住んでるところが巨人に追い込まれ、どんどん狭い場所で生活することになり、人類は巨人から土地を取り戻すために反撃をするって話です。
最初は、巨人を倒すだけの勧善懲悪的な話ですが、途中から巨人を操る黒幕がいて、人類の真の敵は人類同士だとなりミステリー要素も強くなって来ます。
元々の巨人と、注射によって巨人になれるようになった人が居ます。そういう人は普段はただの人なのですが、大事なときには割と自由に巨人になることができます。
そしてそういう人間を戦争の兵器として使う国も出て来ます。巨人化した人間で人間を蹂躪しようという目策です。
人それぞれが自分の立場によってそれぞれの正義がある、という深い話ですので良ければ読んでみてください。引き込まれます。
(30代・男性)

注目のキャラはライナー・ブラウンです。ライナーは巨人から、人類の住む場所を奪還しようとする兵士に立候補するんですが、その実は、過去に人類の住む場所を奪い蹂躪した巨人です。
ライナーはその巨人に奪われた土地を奪還しようとする兵士と人類を蹂躪した巨人のギャップに耐えられなくなり、二重人格となり、兵士の時には巨人の記憶を失い、そのため仲間思いの発言もします。その仲間を殺したのも、巨人化したライナー自信なのですが。
更には、国の英雄として、戦争にも投入されます。英雄とは名ばかりで、完全に役割は兵器のそれですが。
このキャラはこの漫画の裏テーマである立場が違えば正義も違うというのを体現したキャラになって居ます。
(30代・男性)

進撃の巨人は、子供が見るアニメというよりは大人が熱中してしまうようなアニメだなと思いました。
エレンのどんな事でもつっこんでいってしまう、正義感だったり、ミカサの冷静な判断と強さだったり、アルミンのカンの良さ、頭のよさだったりが見ていてすごく楽しかったです。
しっかりとストーリーの中に伏線があり、後にちゃんと回収していくかんじがあるので、あの時のこれは、アレだったのかーーー!と、すごくのめり込んでしまいます。
そのせいで、アニメの中に入り込んでしまったのかと思うぐらいの、裏切るなんてヒドイ!などの怒りの感情や、キャラクターが死んでしまうときなのどは、涙がでたり、、大人の心も動かすような素敵なアニメだと思いました。
何回でも見られるアニメだし、進撃の巨人に出会えて良かったと本当に思います!最高の漫画です!

(30代・女性)

何人か推しキャラはいますが、クールでたまに面白いリヴァイです。
目つきも悪いし、背も低いし、無愛想なのに、なぜか気になってしまうキャラです。
そんなリヴァイは圧倒的に強くて、頼りになる存在である事は間違いないので、なんだかんだカッコイイ男だなと思い、推しのキャラクターです。

2人目はハンネスさんです。
アニメの最初からでているおじさんですが、いつもは仕事中に酒ばかり飲んで、ふざけているようなおじさんでしたが、エレンのお母さんを殺した巨人に会った時のハンネスさんのシーンは涙が出たのを覚えています。

最後に、1番の推しキャラはサシャです。
登場のときから、ジャガイモを食べて怒られたり、とにかくずっとなにかを食べている、食いしん坊キャラクターがすごく可愛かったです。
ただただ、食べ物が食べたいサシャが可愛すぎる!!!

(30代・女性)

進撃の巨人の素晴らしさはなんと言っても物語の奥深さです。
当初社会的に大人気になったときは突如として現れた謎の巨人という生物に立ち向かう人間たちという物語かと思われましたが、
それはこの世界のごく一部なのだと読み進めていくうちに思い知らされました。
エレン達が住む世界の人間から見える正義、そしてエレンの住む場所を侵攻する者たちから見える正義。
そこにはそれぞれの生活や大切な人達が描かれており、善とは悪とは、または正義とは何なのかというのを深く考えさせられる作品でしたし、
まさに人間たちが歩んできた歴史や現代社会の縮図なのではないかと思える作品でした。
10年続いた作品ですが、作品当初にちりばめられた伏線が10年かけて回収されていく様も見事で鳥肌ものでした。

(40代・女性)

リヴァイやハンジ、104期生の仲間たちなど好きなキャラクターは他にもたくさんいますが、やはり主人公のエレンが一番奥深く魅力的だと思えます。
エレンは当初突然現れた巨人に目の前で母親を食い殺されてから「駆逐してやる」というのが口癖になるほどに巨人に対して強い復讐心を抱くようになります。
最初はエレンだけが巨人化の能力を有し、「人類の希望」という目で見られてきましたが、ある時を境に状況は一変します。
「道」を通じて未来や過去を自由に見ることができるようになったエレンは「残酷な未来」を目にしてから、仲間を置いて単独行動をとるようになります。
その間、読者すら不安になるような言動の数々でしたが、根底には仲間に幸せになってほしいという気持ちがあったというのが奥深く、感動しました。

(40代・女性)

 

漫画「進撃の巨人」の作品情報

作品情報
作品名 進撃の巨人
作者 諫山創
出版社/レーベル 講談社/講談社コミックスマガジン
巻数 全34巻 完結
公式サイト 「進撃の巨人」公式サイト
公式SNS 「進撃の巨人」担当者バック公式Twitter
Wikipedia 「進撃の巨人」Wikipedia

↑目次へ戻る

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。