みなさん、少女マンガはお好きですか? 胸キュンシーンにときめきまくり、放課後の教室で友達と「誰派!?」で盛り上がり……たくさんの名作を通して「青春」を一緒に経験してきましたよね。

とはいえ、大人になった今、あの頃のようには読まなくなってしまった…という人も少なくないはず。あの頃の気持ちを忘れつつある忙しない毎日、今こそピュアなときめきを浴びてみるのはどうでしょう?

高校生4人の恋愛がピュアに、胸キュンたっぷりに綴られる「思い、思われ、ふり、ふられ」。アニメーション映画化を記念して、原作者である咲坂伊緒先生と、平成生まれのオタク女子ユニット・劇団雌猫メンバー(もぐもぐさん、ひらりささん)との座談会を行いました!

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」世代の劇団雌猫メンバー。後編では、懐かしのあの作品も含めた“青春三部作”それぞれのキャラクターにかかわる裏話から、Twitterで募集した咲坂先生への質問「#咲坂先生に聞きたいこと」への回答まで、聞いちゃいました。

劇団雌猫とは?

様々なジャンルを追いかける、平成元年生まれのオタク女性4人(もぐもぐ、ひらりさ、かん、ユッケ)からなるグループ。同世代のオタクのリアルな打ち明け話を詰め込んだ同人誌「悪友」が話題に。編著に「浪費図鑑」(小学館)、「だから私はメイクする」(柏書房)など。最新刊は「海外オタ女子事情」(KADOKAWA)

座談会メンバー

咲坂伊緒

6月8日生まれ、東京都出身。B型。1999年、「サクラ、チル」でデビュー。「ストロボ・エッジ」「アオハライド」、今作「思い、思われ、ふり、ふられ」などを手掛ける。“胸キュン”がぎっしり詰まった青春ラブストーリーが大人気のマンガ家。

もぐもぐ

劇団雌猫メンバー。少女時代は「りぼん」「別冊マーガレット」を愛読。頻度は下がっているけど大人になっても少女マンガ好きで、電子書籍を夜中にポチりがち。咲坂作品では「ストロボ・エッジ」の安堂くんが好き。

ひらりさ

劇団雌猫メンバー。「りぼん」のあとBLを読み始めてしまったが、大人になってからむしろ、恋愛マンガを一気読みするのにハマっている。「ふりふら」では朱里の元カレ・亮介が好き。

20代でデビューした咲坂先生。
名作が生まれる裏側、教えて!

もぐもぐ
咲坂先生がマンガを描き始めたのは、いつ頃ですか?
咲坂伊緒
ペンや原稿用紙を買って本格的に描き始めたのが、20代前半の会社勤めをしているときに「マンガ家になりたい」と思い立ち、その後デビューしました。
ひらりさ
一度違う道に行ってからのスタート! 好きだからこそ、挑戦できたんですね。最初から、ジャンルは少女マンガと決めていたんでしょうか?
咲坂伊緒
自分が読んできたのが少女マンガが多かったのは確かなので、「描くなら少女マンガだ」と思っていたかもしれません。少年マンガや青年マンガを描こうという気はなかったです。
もぐもぐ
この座談会のためにTwitterでファンの方から募集した質問「#咲坂先生に聞きたいこと」から、創作の裏側に関する質問をぶつけていきたいと思います。まずは、「結末はどれくらい決めて描き始めるんですか?」
咲坂伊緒
読み切りと連載だとまた違うんですが「誰と誰がくっつくか」と「ラストページのイメージ」の2つは、ふわっと決めてから描きますね。ただし、絶対その結末でなきゃいけない!というのも嫌なので、あくまでふわっと。展開に迷ったときの道しるべにするイメージです。
ひらりさ
最初に決めた結末に立ち戻って、展開を考えられるわけですね。
もぐもぐ
「ストロボ・エッジ」「アオハライド」「思い、思われ、ふり、ふられ」、それぞれ名シーンばかりですが、これまで描いてきた中で特に難産だったシーンってありますか?
咲坂伊緒
うーん……どの作品にもあるんですが、「やっと出た!」っていう瞬間に忘れちゃうんですよね……。喜びで上書きされていくというか(笑)。
もぐもぐ
苦労が吹っ飛ぶくらいの喜びが!

みんなが知りたい
「胸キュンシーンはどうやって生まれるの?」

ひらりさ
「胸キュンシーンやドキドキするセリフは、どうやって思いついているんですか?」も多数いただきました。「先生の実体験ですか?」という質問もありました!
咲坂伊緒
これはすごくよく聞かれるのですが、もう「いつの間にか」「自然に」としか言いようがなくて。それじゃ答えにならないので、いつも一生懸命考えてはいるんですが……。今まで読んだマンガや観た映画が、自分の中に蓄積しているんだとは思います。素晴らしい作品の雰囲気や感覚を覚えているからこそ、そこから色々なものが生まれてくるのかなと。
ひらりさ
キャラクター自身が生きた存在としてしっかり作りこまれているから、自然と動き出すのかな? とも思いました。この座談会の前にも、もぐもぐさんと、「『ふりふら』の4人は“生きている”感が圧倒的だよね〜」と盛り上がっていたんです。
もぐもぐ
単行本6巻に掲載されている4人の細かいプロフィールとか、読んでいてすごくときめきました。「えっ理央、将棋好きなんだ……」「和臣が読んでる映画雑誌、わかる!」みたいな(笑)。「好きな映画」も全員「っぽい!」と思うリアルさでニヤニヤしちゃいます。
咲坂伊緒
ありがとうございます(笑)。

洸、理央、朱里…
キャラクターにぴったり! な名前はどこから?

ひらりさ
「キャラクターの名前はどうやって考えていますか?」という質問も多かったです。
もぐもぐ
咲坂先生が生み出すキャラクターは、みんな名前がぴったりなんですよね! 私、「アオハライド」の洸(こう)くんが、めっちゃ今風でかっこいい名前だな~と連載当時すごく思ってました。
咲坂伊緒
洸は、まず「コウ」っていう響きがいいなと思ったんですよね。そこから似合う漢字を探して、あの「洸」っていう名前になりました。
ひらりさ
他のキャラクターも、同じように響きから名付けることが多いですか?
咲坂伊緒
そうじゃないこともありますね。「ふりふら」だと、理央は「中性的な男の子に似合う名 前」、和臣は「古風で落ち着いた名前」というところから決めていきました。
もぐもぐ
貴重なお話! 由奈ちゃんと朱里ちゃんはどうでしょう?
咲坂伊緒
由奈は「今っぽく、かつ柔らかさがある名前」がいいなと思って。朱里は……実は、女優の早見あかりさん(元ももいろクローバー)から名付けたんです。連載前にずーっと見ていた写真集がすごく好きで!「あかり」という音の響きがキャラと合うなと思って、「朱里」っていう名前にしました。
もぐもぐ
まさかのあかりん……! 颯爽とした響きが、由奈ちゃんを引っ張っていく朱里ちゃんにすごく合ってます!
咲坂伊緒
他には、ファッション雑誌を見て決めることもありますね。男の子向けの雑誌って、名前付きのスナップ写真がよく載ってるじゃないですか。世代ごとの感じもよくわかるし、イメージが湧きやすいんです。そうだ、「奇抜すぎない」ということは意識していますね。作品のタイトルにも、キャラクターの名前にも共通していることですが。
ひらりさ
あ〜、作品からも感じます! キャラクターのセリフやモノローグも、ナチュラルで実生活に近いですよね。
咲坂伊緒
描いていくうちに、だんだんとそうなっていきました。初期の作品を読み返すと、キャラクターがやたらセリフ口調なんですよ(笑)。だんだん違和感に気づいて、リアルな言葉遣いに近づけられるようになりました。
もぐもぐ
みんなが普段喋っているような言葉遣いに?
咲坂伊緒
そうです。例えば「食べられる」というセリフを、わざと「食べれる」と書くこともあります。
もぐもぐ
なるほど、若い世代をリアルな高校生を描くために、そういう細かい調整があるんですね。アニメでは、そのリアルなセリフが声優さんのお芝居で表現されていて、咲坂先生のセリフの「キャラクターが生きている」感じが、一層伝わってきました。
咲坂伊緒
声が乗ると本当に違いますよね。描くときは声を想像せずに描いているので、私自身「こんな声なんだ!」って感動しました。
ひらりさ
「ふりふら」は原作、実写映画、そしてアニメ―ション映画と、入り口がたくさんある作品になりましたね。
咲坂伊緒
絵が動いて、さらに音も声も付くって、本当にすごいことですよね。マンガのコマとコマの間を見ることができるので、ぜひそこを楽しんでほしいなと思います。
もぐもぐ
原作読者の身からすると、もう一度全巻読み返したくなる、素敵なアニメ作品でした!ぜひみなさんも劇場でご覧ください~!

#咲坂先生に聞きたいこと 番外編

座談会本編には入りきらなかった質問に、
咲坂先生が答えてくださいました!

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」「ふりふら」の中で、先生が友達になりたい キャラ、付き合いたいキャラを教えてください!
咲坂伊緒

友達になりたいキャラは、「ストロボ・エッジ」の仁菜子。もともと「自分が友達になりたい子」というところから生まれたキャラクターなので、今でも友達になりたいな~と思います。付き合いたいキャラは……思いつかない! 基本的に自分の作品のキャラクターと付き合いたいとは思いません。
ただ、「ストロボ・エッジ」に「団長」っていうちょいキャラがいるんですが、彼のことはお気に入りです(笑)。

「ストロボ・エッジ」と「アオハライド」のキャラクターの今が知りたいです。
咲坂伊緒

「ストロボ・エッジ」の仁菜子と蓮は本当にそのまんま、ほのぼのとお付き合いしてるんじゃないかなと思っています。「アオハライド」の双葉と洸は、これは私の個人的なイメージですが、一度は破局の危機を迎えている可能性もあるかもな〜。2人が大学生になって世界が広がりつつ、でも結局はお互いに『この人しかいない』ってなると思います!

咲坂先生が好きな「由奈ちゃんのかわいいシーン」はどこですか?
咲坂伊緒

由奈が理央に手作りのクッキーをあげるシーン。一番出来のいいクッキーを理央に渡したら、理央が「一番?」って聞いてくるんです。それに「うん、一番」って答える由奈の表情は、かわいく描けたと思います! 頭をなでなでしたくなる感じ。